Webライター

Webライターとは何なのか?誰でもわかるように解説します。

ライターというと、雑誌や書籍に携わる仕事、新聞記者のような紙媒体のものを強くイメージされる方も多いですよね。

そんな中、徐々に知名度を増しているのが、Webライターです。

SNSやWeb媒体の発展とともに、Webライターとして活動する人も多くなり、その活動の幅は広まっていきます。

この記事では、

  • Webライターの仕事内容の解説
  • Webライターに求められるスキル

について解説していきます。

これを読めば、Webライターになるための方法やなった後の活動方法が知ることが出来るので、ぜひ参考にしてください。

 

Webライターとは?仕事内容と働き方

Webライターとは、Webまたはいわゆるネット上の文章を書く職業です。

一般的にWebライターと聞いて想像されるのが、企業に入社して自社メディアの記事を執筆する人だと思います。Webライターになりたいという方の多くは、こちらを目指しているのではないでしょうか。

一方、最近多くなってきているのが、フリーランスのWebライターです。
企業に入らず、特定メディアの専属ライターとして働く人もいれば、様々なメディアから依頼を受けて記事を書くなど、働き方は自由となっています。

最近では、クラウドソーシングと呼ばれる、ネット上だけでやり取りが完結するサービスも充実しているので、1記事単位で企業からの依頼を請け負って、記事を書いているライターもいます。

そして、Webライターという職業は、参入障壁が容易となっています。
私たちは小さい頃から、作文や感想文、論文など誰もが一度は文章を書いた経験があります。

Webライターは文章を書く延長戦にあるため、最低限のライティングスキルがあれば、誰れにでもチャンスがある仕事といえます。

最近ではクラウドソーシングを利用して、学生・主婦・副業でWebライターをやっている方もたくさんいます。環境さえあればどこでも仕事ができるので、家で子育てしながらお仕事をするママさんや、カフェなどでお仕事するノマドワーカーなど、Webライターはどんどん増えてきています。

 

Webライターになるには?

先ほど、参入障壁が低いという話をしましたが、「Webライターになりたい!」と思ってもどうすればいいんだろう?と思った人もいますよね。

Webライターになるにはいくつかの方法がありますが、大きく分けると「企業に属したWebライター」「フリーランスのWebライター」に分かれますので、ご紹介します。

ライターとして企業に勤める

まずは、企業にライターとして就職する方法です。

いわゆる、就職活動を通じてアルバイトや社員になることです。

最近では、メディア事業を行っている企業も多いので、大手の就活サイトなどでもWebライターの募集が出されることも増えてきました。

書類選考を行って、面接を受けてという流れが一般的で、企業によっては自分が書いた記事を提出しなければいけないこともあります。

ただ、新卒のWebライターの募集はなかなかありません。東京など首都圏では増えてきていますが、どちらかといえば、経験者を雇う中途採用での募集が多い傾向にあります。

そのため、企業で社員としてライターをやりたい場合は、希望の会社でアルバイトとして働いた後そのまま社員になるというケース、もしくは別の会社でライターとしての経験を積んでから希望の会社を受けるというケースが多いですね。

フリーランスのライターとして働く

次は、フリーランスのWebライターとして働く方法です。
フリーランスの場合、自分で仕事を探さなくてはなりません。

そのため、一番多い方法としては、メディアサイトをこまめにチェックして案件を見つけることも可能です。

サイト上でライター募集要項が出ていないか常に確認し、募集が出たときに自己紹介と自分の書いた記事を送るのが一般的な応募の仕方です。ハードルは高いものもありますが、チャレンジしてみるのは良いと思います。

Webライターに必要な資格とスキルとは?

結論としてWebライターに必須な資格はありません。
スキルに関しては、物事を正確に伝えられることです。

Webライターに必要な資格

Webライターになる方法をいくつかご紹介しましたが、具体的にどういったスキルが必要なの?という疑問もありますよね。

先ほど、参入障壁は低いと述べた通り、Webライターになるための必須資格はありません。

Webライターに関する資格も出てきてはいますが、その資格がないとWebライターになれないということはないので安心してください。
持っていた方が良い場合もあるということです。

Webライターに必要なスキル

Webライターに必要なスキルは物事を正確に伝えることです。

自分が伝えるべきことを文章を使って正しく表現できるか、その文章力のスキルは必要です。

見落としがちですが、相手が何を知りたいかを読み取るスキルも大切です。
相手が何を知りたいかが、わからないと、物事を正確に伝えることも出来ないからです。

相手の年齢・住所・性格を設定し、その人に届けるつもりでターゲットとなる読者を絞ります。

そうすることで、何が疑問なのか、この記事で何を伝えられるかが具体的にわかってきます。

Webライターに求められるものは?

結論としては、Webライターに求められるのはSEOライティングです。

Googleの検索アルゴリズムが向上したことで、WebライティングにもSEOが求められるようになりました。

 

SEOとは?

こちら記事でSEOについて詳しく書いています。

特定のキーワードを検索した時にWebサイトがより多く露出されるように上位表示させるための施策のことです。

こちらSEOについて詳しく解説してます。

SEOとは?ブログ運営する上で大切な知識、SEO対策について解説!

一昔前は、自作自演のサイトから大量にリンクを引っ張っていれば、検索上位に表示することが出来ました。いわゆるブラックハットSEOです。

文章や内容の良し悪しは関係なく上位表示出来ていたので、Webライティングも質ではなく、ただ大量に書けることが求められる時代があったのも事実です。

ただ、Googleのアルゴリズムは向上を続け、自作自演のブラックハットSEOでは、上位に表示されなくなりました。そこで重要になるのが、コンテンツの質です。

ユーザーの知りたい内容が盛り込まれているか、ユーザーにとって読みやすく理解しやすいページか、それらを適切に文章で形にすることが、コンテンツの質に繋がります。

 

Webライティングに求められるSEOの知識やテクニックは、ネットで検索すればたくさんヒットしますが、自分はライティングからSEOまで体系的に勉強したい。そんな人は書籍で学んではいかかでしょうか?

こちら現役のWebライターが本気でおススメする本を紹介しています。

ABOUT ME
shota
あなたにお得な情報をお伝えします。