株式投資

SBI証券の口座開設のやり方!お金を入金するまで!

SBI証券は、ネット証券おすすめランキング1位となっており、多くの利用者さまから支持を持たれています。

今回は、そのSBI証券の口座開設の手順を株取引ができるところまで解説していきます。

SBI証券がおすすめ理由

SBI証券が以下のおすすめな理由を解説していきます。

ネット証券大手で、みんかぶでもトップ

SBI証券は、ネット証券トップクラスで、口座数や預かり資産が最も多く、個人投資家に利用されている証券会社です。

みんなの株式でも7年連続で総合1位を獲得しています。

売買コストが最安値レベル

SBI証券の日本株の売買手数料は、他の証券会社と比べて最安値レベル。

最大で1日300万円までの「売買手数料0円」で取引できる1日定額プランがあります。

さらに、25歳以下の利用者なら現物株の手数料が金額にかかわらず、すべて0円です。

取り扱い商品の豊富さもトップレベル

SBI証券では、通常の日本株ほか「IPO」、「夜間取引」「単元未満株」「米国株」「中国株」さらに「金・銀・プラチナ」などを取り扱っているSBIは業界トップクラスでおすすめです。

株デビューするなら SBI証券

知っておくべきこと

SBI証券で総合口座を開設する前に知っておくべき事を今から解説します。

開設できる口座には種類が3つ

証券口座には、3つの証券口座があります。

・特定口座
・一般口座
・nisa口座

特定口座と一般口座の違いは、年間取引報告書を証券会社で行ってくれるか、くれないかの差です。

ここの選択で、特定口座を選択しておけば、確定申告をする必要がないため、特定口座で「源泉徴収あり」を選択しましょう。

口座開設には必要書類がある

口座開設には、必要な書類があります。

①マイナンバーカード
②通知カード&運転免許証

のいずれかを用意できれば、完全オンラインかつ最短で口座開設が可能です。

SBI証券の口座開設(スマホ)

SBI証券の口座開設はスマホでもできます。

スマホでの口座開設をする方法を解説していきます。

1.公式サイトにアクセスする

まず、SBI証券の公式ページ

にアクセスをして右上にある「口座開設にすすむ」をタップします。

メールアドレスを入力して認証コードを入れる

メールアドレスを入力をして、届いたメールに書かれた認証コードを入力します。

お客様情報の設定を行う

お客さま情報の設定を行います。

住所や名前、個人情報の入力を行います。

ここで入力を間違えてしまうと、あとあと口座開設まで時間がかかるのでじっくり行いましょう。

開設方法を選ぶ

ここでは、ネットで開設するか、郵送で行うかを決めます。

ネットで開設した方が断然早いです。

ログインをして本人確認書類を提出する

本人確認書類の撮影を行い初期設定をしましょう。

本人確認を終了すれば、実際に取引を開始することができます。

入金をする

入出金を行う際には、画面上部にある「入出金・振替」をタップします。

入金の画面が表示され、即時入金、リアルアイム入金、銀行振り込み入金、ゆうちょ銀行振替入金から選べます。。

ここまでが、口座開設から入金までの流れとなります。

まとめ

SBI証券

SBI証券の解説は一般の成人の方であれば、インターネットから、だれでも口座を作ることができます。

SBI証券での口座を作ろうか悩んでいる人は、作って損はないので、ぜひこの機会に作ってみてください。

ABOUT ME
shota
あなたにお得な情報をお伝えします。
コインチェック