Webエンジニア

コーダーから始めてフロントエンジニアになろう!

ネット利用者数は年々増加しており、それに従ってWebサイトなどを構築するフロントエンジニアが人気の職になってきています。フロントエンジニアと聞くと難しそうなイメージがありますが、コーダーからスキルアップを目指すことで未経験であっても無理なくフロントエンジニアを目指すことができます。

フロントエンドエンジニアはコーダーの上位職

フロントエンドエンジニアとコーダーは似た職業ではありますが、一般的にはコーダーの上位職としてフロントエンドエンジニアがあるという認識です。

コーダーというのはデザイナーやクライアントがイメージしているものを、Web上に再現することが主な仕事です。Web上に形として再現するためには、HTMLやCSSなどの基本的なマークアップ言語を使いこなせる必要があります。

作るべき対象が動的な要素を含む場合などには、JavaScriptやPHPなどのスクリプト言語を扱うこともあります。これらの知識はWebサイト構築する上で最も基本となる知識であり、習得するのにもそこまで時間がかかるものではありません。

一方、フロントエンドエンジニアはサイトの閲覧者やサイトの保有者、もしくはクライアントのために使いやすいサイト設計であったり、クライアントの要望に沿った形へサイト構成を変化させたりなど応用的な知識が要求される仕事です。

フロントエンドエンジニアであれば、コーダーに必須のHTMLやCSS、JavaScript、PHPなどの言語は必ず知っておかなければなりませんし、これがベースにあることによって様々な提案をすることができます。

コーダーなら未経験可能の求人が多い

いきなり、フロントエンドエンジニアに転職するのは難しかったとしても、コーダーとしてなら未経験の求人はかなりあります。

企業が未経験であってもコーダーを歓迎している理由としては、コーダーを一から自社で育てたいという企業の思惑があります。

Webサイトを制作する企業の場合、サイトの構築をゼロから全て外注するのではコスト的にもかなり負担ですし、そもそも意思の疎通が難しく思った通りのイメージにならないという悩みがあります。

さらに、上がってきたサイトを修正依頼するのにも時間がかかり、満足できる形になるまで1年以上の時間かかることも珍しくありません。

コーダーからフロンントエンドエンジニアを目指す際の心構え

 

コーダーとして働く場合にはHTMLやCSSなどの言語に関するスキルがあれば問題ありませんが、フロントエンドエンジニアの場合にはこれらの基礎的な知識に加え、コミュニケーションスキルが求められてきます。

コーディングやプログラミングとコミュニケーションは無縁だと思う人も多いですが、フロントエンドエンジニアはディレクターやデザイナーなどと意見を交換し、ユーザーがより使いやすいものにブラッシュアップしていきます。

この過程のなかでは当然コーダーとの意見交換もしていく必要がありますので、業務を円滑に進めるためにもコミュニケーションスキルは必須なのです。

また、スマホなどのモバイルに関する知識も求められます。今やネットユーザーの大半はスマホからのアクセスであり、Webサイトもレスポンシブ対応であることは必須です。2018年には、Googleの公式発表でもモバイル用ページをベースに評価するモバイルファーストインデックスという概念を公表したことからも、その重要性が見て取れるでしょう。

このほかにも、新技術やWebの流行をいち早くキャッチするために業界へのアンテナを常に張っておくことも重要です。検索エンジンのアルゴリズムや端末の変化、IT技術の進化は他業界と比べてかなりの速度です。
この早い業界の流れにしっかりとついていくためにも、興味や関心を持ち続けることが大切です。

 

 

未経験であってもコーダーからであれば受け入れてくれる企業はたくさんありますし、何よりも実務でフロントエンドエンジニアに必要なスキルを身につけられるのはとても大きなメリットでしょう。

座学でマークアップ言語やプログラミング言語などを勉強したとしても、実践で使える知識やスキルはなかなか体得できるものではありません。仕事をしながら着実にスキルアップを図り、フロントエンドエンジニアへの道を切り開けるコーダーからはじめ、フロントエンドエンジニアへのキャリアアップを目指していきましょう


 

ABOUT ME
shota
あなたにお得な情報をお伝えします。