Webエンジニア

【資産運用初心者】投資信託の選び方!

こんにちは、しょうたです。

これを読んでくれてる投資初心者の方は、どの投資信託を選んだらいいかわからない…

と悩んでいると思います。

でも安心してください。この記事を読めば、6000本以上ある投資信託の中から、選ぶ方法を紹介していきたいと思います。

【資産運用初心者】投資信託の選び方

投資信託の選び方について、要点を7つまとめてみました。

1.いきなりファンドを選ばず資産クラスを選ぶ
2.シンプルなファンドを組み合わせる
3.信託報酬の高いファンドは考えない
4.ファンドの資産規模・流動性を確認する
5.売買手数料の安価なものを買う
6.分配金にこだわらない
7.過去の運用成績で選ばない

これらについて詳しく解説していきます。

1.いきなりファンドを選ばず資産クラスを選ぶ

投資信託に投資する場合、いきなりファンドを選んではいけない。

自分のお金を「国内株式」「外国株式」「国内債券」「外国債券」…といった資産クラスのどれに、いくら投資のかを決めてからファンドを選ぶべきです。

こうしないと、自分がどれだけの大きさで、どういった性質のリスクを取っているのかを自身で把握することはできない。

仮に金融マンやFPのアドバイスを聞く場合でも、資産クラス別に何にいくら投資するのかを自身で把握しながら投資するべきですね。

2.シンプルなファンドを組み合わせる

どの資産クラスに投資するかが決まったら、
例えば、「国内株式」に投資するファンドをどれにして、「外国株式」に投資するファンドをどれにするかといった調子で、資産クラスごとに投資する商品を選ぶ。

この時に、1ファンドに内外の株式・再建に投資し、その配分比率を運用者が調節する「バランス・ファンド」には投資しないほうがいい。

理由は2つあります。

理由はこの2つ

・資産分配の中身が自分で把握できなくなり、リスクについてよくわからなくなる
・シンプルなファンドを組み合わせるよりも手数料が高く付く

ファンドを選択する時には、広い範囲の運用会社から選ぶことが原則。

売買窓口を先に決めて、その窓口で扱っているファンドの中から選ぶ、というアプローチを採ると、最適なファンドを選ぶことができずに損をする公算が大きい。
そこが最大の注意点。

3.信託報酬の高いファンドは考えない

どの資産クラスに投資するかを決めると、
投資家にできることは、手数料が安くて、運用に問題のないファンドを選ぶだけ。

手数料は確実なマイナスのリターン。
これを無くすことは、投資する資産クラスと金額が決まると、投資家側でできる最大の改善努力項目。

手数料にあっては、まず継続的にかかる信託報酬に注目したい。
同じ資産クラスのなかで、他のファンドと比較して明らかに信託報酬が高いファンドは、それだけで投資対象候補から除外していい。

現状では、どのカテゴリーでも、信託報酬が年率1%以上あるファンドは投資対象から除外するほうがいい。

4.ファンドの資産規模・流動性を確認する

ファンドが設定したばかり、あるいは資産残高が減って、数億円、十数億円といった少額で運用されている場合、十分な分散投資ができず運用内容が安定しないし、ファンドが償還されてしまう可能性があるので、様子を見るほうがいい。

運用資産のカテゴリーにもよるが、大まかには、資産が100億円以上あれば大丈夫だろう。

ETFは信託報酬率が低くて魅力的な投資対象だがETFに投資する場合は、資産残高と共に売買が活発に行われていて、いつでも不利のない換金が可能かをチェックするべき。

自分の投資額の千倍くらいの売買代金が常時あるようなら問題ない。

5.売買手数料の安価なものを買う

資産クラスごとに信託報酬が安いファンドを選ぶとなると、現実的には株価指数に連動するインデックス・ファンドを選ぶことになるだろう。

ここで気を付けてほしいことは、投資信託を買うチャネルによって、購入時にかかる手数料が異なることだ。

ほぼ全ての場合、購入時に手数料がかからない「ノーロード」のファンドがいいはず。
ネット証券を通じて買うか、運用会社から直接買うのかどちらかの場合、ノーロードで買えるケースが多い。

投資信託は、購入時に手数料を払いものではない、ということを常識にしたい。

6.分配金にこだわらない

現在、残念なことながら、分配金を毎月支払う「毎月分配型」のファンドが良く売れている。

しかし、これは年1回分配や分配金を支払わない投資信託と比較して、運用自体の期待リターンがプラスなら、税制上損な仕組みだ。

また、現実的に毎月分配型の商品のほとんどが、信託報酬だけで年率1%を超えるのでお金を増やすための運用対象としては不適当。

資産の大半を毎月分配型ファンドに投資して、分配金で生活費その他の経費を賄う形は合理的ではない。

現実的には、毎月分配型ファンドを投資対象から除外すればいいし、これを候補に挙げる投資アドバイザーを遠ざけると良い。

7.過去の運用成績で選ばない

「過去のパフォーマンスくらいは調べて投資しましょう」あるいは「ファンドの目利きが重要です」といった言葉に釣られて、相対的に運用成績のいいアクティブ・ファンドを事前に選ぶことができると思わないほうがいい。

特に過去の運用成績と将来の運用成績が無関係であることを強く意識すべき。

投資は、過去の運用成績を調べないことを後ろめたく思われるかもしれないが、過去の成績を調べたからといっても将来の運用成績のいいファンドを選ぶとは限らない。

我が国、公募の投資信託は現在5,000本以上あり、株式上場銘柄よりも数が多い。
だが、上記の心得を理解・活用するなら、たぶん投資してもいい投資信託は数十本、つまり全体の2%未満の範囲に絞りこまれるはず。

ABOUT ME
shota
あなたにお得な情報をお伝えします。