Webエンジニア

【Web業界】フロントエンジニアとは?現状と必要な知識

フロントエンジニアとは、Web制作の現場でどのような役割をしているのか。混同されがちなマークアップエンジニアとの違いは?

この記事では、フロントエンドエンジニアの仕事内容や必要な知識(言語・ツール)などを解説していきます。

フロントエンドエンジニアとは?

ブラウザでWebサイトを見たり操作したり、ユーザーが直接触れる部分をフロントエンドと言います。

フロントエンドに対してバックエンドという部分もあります。
バックエンドは、ユーザーから見えなくて裏で動いているシステムを指します。

Webサイトを作るとき、デザイナーが作成したデザインを元にHTMLやCSS、JavaScriptを使用してブラウザに表示できるようにコーディングをします。このコーディングを担当するのがフロントエンジニアです。

ただ、コーディングだけがフロントエンドの仕事ではありません。そのカバーする範囲はもっと広いです。

技術の発達により、Web上でできることの幅が広がりました。それにともない、求められるスキルや知識も高度化してきています。そこで活躍するのが、フロントエンドエンジニアです。

フロントエンドエンジニアについて知るには、コーダーやマークアップエンジニアとの違いを知る必要があります。まずはその違いを説明していきます。

マークアップエンジニアとフロントエンジニアの違い

フロントエンジニアという言葉が生まれる以前、HTMLやCSSでサイトを構築する職業はコーダーもしくはマークアップエンジニアと呼ばれていました。これらの職業に明確な定義はありませんが、それぞれ少しニュアンスが異なります。

マークアップエンジニア

コーダーの上に位置付けられます。単にHTMLやCSSを組むのではなく、適切な構造化、SEO、リッチなコンテンツの作成など、よりコーディングのスキルが高い職業です。

フロントエンドエンジニア

マークアップエンジニアのさらに上位になります。HTMLやCSSはもちろん、JavaScriptなどの高い技術が要求されます。

APIを利用したWebサービスの構築、CMSでのサイト制作や機能拡張など、業務は多岐に渡ります。コーダーよりもプログラマーに近い職業で、Webサイトだけでなくアプリケーションの開発を行うこともあります。

大規模なプロジェクトに携わる場合も多く、現場で業務の効率化・高速化を図ります。

フロントエンドエンジニアの現状

ブラウザや端末の種類が増えている昨今、フロントエンドに求められる技術は複雑化、肥大化しています。学習コストは決して低くはなく、その職に就くのは簡単ではありません。

しかし、Web技術の発展と閲覧数の増加にともない、フロントエンドエンジニアの可能性は無限に広がっているとも言えます。有能なフロントエンドエンジニアは常に引く手あまたなのです。

フロントエンドエンジニア(必須の言語)

フロントエンドエンジニアが主に使用する言語は以下の3つです。

・HTML
・CSS
・JavaScript

最近の開発現場ではJavaScriptだけをそのまま使うことは少なくなりました。関数などの機能をまとめたライブラリや、枠組みを提供するフレームワークを利用する場合がほとんどです。

HTML

Webサイトの土台となるマークアップ言語です。
単にWebサイトを表示させるだけではなく、ソースコードの保守性やSEO知識が求められます。

CSS

Webサイトを装飾するための言語です。

現在多くのサイトで使用されているCSS3は複雑なアニメーションまで表現できるます。

昨今のWebはレイアウトやアニメーションなどが複雑化し、CSSのソースコードが膨大かつ難解になってしまう場合が増えてしまいます。大規模なサイトでは、CSSをより、簡素化して見通しの良いソースコードにする必要があります。

この問題を解決するのが、CSSプリプロセッサです。

現在多く利用されているCSSプリプロセッサがSassです。SassgはSCSSというCSSに似た書き方ができ、導入しやすいのが特徴です。

CSSにない機能として変数の利用、入れ子、コードの使い回しなどができ、とても便利です。SassなどのCSSプリプロセッサは、後述する「タスクランナー」というツールを使ってCSSに変換(コンパイル)されます。

JavaScript

フロントエンド開発にはJavaScriptが必須になります。

従来のJavaScriptはHTMLを動的に書き換えたり、アニメーションやスライドショーを作ったりするために利用されていました。

最近ではJavaScriptの利用範囲が広がっています。ブラウザ上で動くだけではなく、サーバーサイドで動くNode.jsというJavaScript環境もあります。

Webサイト以外でも、アプリケーション開発にJavaScriptが利用されることもあります。

また、最近の開発現場では、JavaScriptだけをそのまま使うことは少なくなりました。関数などの機能をまとめたライブラリや、枠組みを提供するフレームワークを利用する場合がほとんどです。

開発環境

フロントエンドエンジニアの仕事は。HTMLやCSS、JavaScriptを書くことだけではありません。開発をできる限り効率化するのも、業務の一つです。

開発を効率化するためのツールは数多くありますが、特によく利用されているものを紹介します。

タスクランナー

タスクランナーとは、CSSやJavaScriptに関するタスクを自動化するツールです。タスク自動化ツールとも呼ばれています。

最も多く使われているのが、GulpとGruntです。
複数のCSS・JavaScriptファイルを一つにまとめたり、ファイルを圧縮したり、SassからCSSにコンパイルしたりと、多くのタスクを自動化することができます。

導入と習得の手間はありますが、一度慣れてしまえば業務を大幅に効率化できます。

バージョン管理システムGit

バージョン管理システムとは、ファイルのソースコードの変更履歴を管理する仕組みです。
ファイルのソースコードを変更したが、前の状態に戻したいときに便利です。
最も多くの現場で利用されているのがGitです。
Gitを使うと、複数人のチームでソースコードを編集するプロジェクトでも、変更箇所が衝突したときの対応がしやすくなります。
今ではエンジニアだけでなく、デザイナーやライターなど幅広い職種で利用されています。

フロントエンドとデザイン

フロントエンドは、ユーザーが直に接する部分なので、デザインも強く関わります。デザイナーが作成したデザインを元に、よりリッチなコンテンツにし、ユーザビリティ(使いやすさ)を高めるのが、フロントエンドエンジニアの仕事です。

マルチデバイス

WebサイトはPCだけではなく、スマートフォンやタブレットなどでも閲覧されます。今はスマートフォンでの閲覧が大半を占めています。

どのデバイスから閲覧してもきれいなレイアウトで表示させる技術がフロントエンドエンジニアには求められます。

フォント

デザイナーに限らず、Web上できれいに文字を表示させるには、フォントの知識がとても必須となります。デバイスやOS、ブラウザによってフォントの見え方や使い方が異なるため、その違いを把握しなくてはいけません。

フロントエンドエンジニアに求められること

HTML、CSS、JavaScriptのコーディングスキルは当然として、Webに関する幅広い知識が求められます。

ブラウザの種類はいくつもあり、定期的にバージョンアップされます。各ブラウザやバージョンごとの違いを知ってないといけません。

PCやスマートフォン、タブレットなど、Webサイト閲覧できる多種多様なデバイスの違いも把握する必要があります。

また、次々に登場する便利なツールの情報を、誰よりも敏感になり、習得しなくてはなりません。このように、Webを取り巻く環境の変化はとても速いので、柔軟に対応することが求められます。

ABOUT ME
shota
あなたにお得な情報をお伝えします。