Webエンジニア

英単語 勉強

英語と聞いて苦手意識のある方は多いのではないでしょうか。英語は文法も学ぶ上で大切ですが、英単語も同じくらい重要です。

文法を知っていても単語の意味が分からないだけで、内容が理解できない事も少なくありません。

逆に言えば、英単語を多く覚えることで文法が分からなかったとしても、このような意味だろうと予測を付けることが可能です。

今回は、英単語に焦点を当てて覚え方やポイントについてお伝えします。

H2 英単語をたくさん覚えるには、毎日の積み重ねが大切

英単語と聞くと、書店などで問題集や英単語記憶本などが多く並び、よりたくさんの英単語に触れている参考書があります。

実際、英単語は知っていれば知っているほど、より知識が深まり学びが増えます。学生の方はもちろん社会人の方で英単語を覚えようとした場合、限られている時間の中でたくさん覚えるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

そんな方におすすめの方法をこれからご紹介します。

H3英単語を毎日覚える個数を決める

英単語は、問題集や参考書によって異なりますが、多くの場合はその参考書が英単語のみである場合が多いです。

その数を見て圧倒的な多さに言葉が出なかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方におすすめな方法が、毎日覚える個数を決めるという方法です。

覚え方は、声に出して覚える方もいればひたすら書いて覚える方もいらっしゃると思いますので、ご自身の覚えやすい方法で行うといいでしょう。

このときに数個にした場合、その参考書や単語帳の英単語が覚え終わる時間がより遅くなります。
できれば10個以上を目安に覚えることをおすすめします。

H3今まで覚えた英単語を反復練習する時間を作る
先程毎日10個以上をおすすめの個数として英単語を覚えるとお伝えしました。しかし、毎日新しい英単語を覚えるのみでは、今まで覚えていた英単語の記憶が薄くなってきてしまいます。

ある研究では、何かを暗記して記憶し反復練習せずに1週間後試した場合、多くのことが忘れてしまっているというデータが出ています。
つまり、繰り返し覚えるような反復練習をしなければ、せっかく覚えた英単語を忘れてしまうということになります。

おすすめの方法は、昨日まで覚えた英単語を忘れていないか毎日チェックするもしくは前日に覚えたことを繰り返し復習し、1週間後にテストする方法です。

おすすめは、より記憶に定着しますので毎日前日までの英単語を反復練習する方法です。時間や覚えた英単語が増えるほど、復習に時間はかかりますが、確実に忘れにくい方法です。

H2暗記が苦手な方は、メディアを利用するとおすすめ

暗記など覚えることが苦手という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。そのときにおすすめしたい方法がメディアを使用することです。

SNSや雑誌など英語のみ記載されているものを選び、読み進めていきます。途中で知らない英単語があれば、そのまま分からないまま飛ばすのではなく、しっかりと調べることがポイントです。

そして、最後まで読み進めてみるという方法です。SNSや雑誌などメディアは多くの者が長期間残されていることが多いので、後日覚えているかどうか確認することも可能です。

このようなメディアを使用するときにも、反復練習することを忘れないようにしましょう。

H3映画やドラマなどで分からない英単語を都度調べながら見る

海外の映画やドラマを見ている方は多いと思います。特に好んで映画やドラマを見る方におすすめの方法が見ながら学ぶ方法です。

映画やドラマを見ながら学ぶので、その内容が頭に入りにくい場合がありますが非常におすすめの方法です。

先程と同様で、見ながら分からない単語を調べるのですが、英単語以外にも文法やこれからご紹介するスラングなども出てきますので、幅広く学ぶことができます。

できれば間を空けて繰り返し見るといいでしょう。

H3書店に映画やアニメなどを英語にした参考書を選ぶ

参考書に、映画やアニメなどに出てくる英単語や文法のみが記載されていることはご存じでしょうか。

先ほどのように、見ながら学ぶのはできれば避けたいという方には、こちらの方法がおすすめです。

文法から英単語よく使われるニュアンスまで記載されています。出版されている本も幅広いジャンルを取り扱っているので、自分好みの作品を選ぶことができます。

また、こちらの参考書を併用しながら映画やドラマを見る方法もおすすめです。

H2英会話重視や資格取得など目的によって覚える方法も変わる場合がある

ここまで、英単語の覚え方をご紹介してきました。しかし、その英単語を覚え使う目的は人によって様々です。

英会話を重視したい方やネイティブの方と会話をしたい方、資格の取得のために覚えたい方、そしてビジネスで使用するためなどです。

その目的によって覚える方法が変わる場合や英単語以外に合わせて覚える方法などがありますので、こちらをご紹介します。

H3英会話重視の方は英単語と合わせてスラングを覚えるとおすすめ

英会話やネイティブの方との会話を重視する方には、英単語を覚えることと合わせてスラングを覚えることが重要です。

その理由として、スラングが知らない場合誤った解釈をしてしまう可能性があることやその内容が理解できない可能性があるからです。

そして、スラングは辞書などに載っていない場合が多く取り入れることが難しい場合があります。しかし、英語を公用語として使用する国では、多くの人がスラングを取り入れています

そのスラングをどのように取り入れたらいいのかというと、公用語を使用している方の会話を聞くことです。

H4芸能人などのインタビューや英語関連のユーチューブチャンネルを見るとスラングが学べる

しかし、実際には現地の方やそのような方と実際に会話をするというのが難しい方も多いと思います。そこでおすすめしたいのが、芸能人やインフルエンサーなどのインタビューや会話の動画です。

特にユーチューブは、聞き取ることが難しい場合でも、丁寧に字幕をつけている動画や速度を調節できる機能もありますので、リスニングにも最適です。

特に、芸能人同士で会話をしているような内容は、スラングなども使用されていることがありますので、ぜひチェックしてみて下さい。

また、英語の動画を出しているユーチューバーのチャンネルではスラングを扱うこともありますので、合わせてチェックするのもいいでしょう。

H3英語の資格取得目的の方は英単語の量で勝負

TOEICやTOEFLそして英語技能検定など◇目的の方は、スラングなどよりも英単語の覚える量が大事になってきます。

英単語の量や単語の数などは資格によって特徴が異なりますので、ぜひそちらに合った参考書を購入するといいでしょう。

また、その参考書と合わせてご自身が見やすい英単語の参考書も購入するといいでしょう。なぜなら、参考書によって載ってない意味合いの内容が記載されていることもあるからです。

せっかく覚える英単語ですので、より多くの意味合いを覚えることで知識も深まり、一石二鳥です。
他にも自分にとって分かりやすい例文や見やすさなどもありますので、ぜひ意識して探してみて下さい。

H3ビジネス使用目的の方は、ビジネス英語用の参考書がおすすめ

最後に、日常生活特にビジネス面で利用することが多い、又はビジネスで英語をメインとしている方におすすめの方法です。

今では数多くの参考書が出ており、ビジネス英語専門の参考書以外にもビジネス英語で使用される英単語本も出ています。資格の本に比べたら少ないですが、ぜひ書店に足を運んでみて下さい。

まとめ
これまで英単語の覚え方についてご紹介しました。様々な方法をご紹介しましたが、繰り返し行う反復練習はどの方法でも重要です。

英単語をこれから覚えようとしている方は、ぜひ反復練習を取り入れながらご自身に合う方法を試して見てください。

ABOUT ME
shota
あなたにお得な情報をお伝えします。